レーザー脱毛器の原理とは

レーザー脱毛器は、レーザーが特定の色に吸収される特性を活かしています。レーザー脱毛器の原理は、黒や茶などの毛の色に吸収されるレーザーを毛に照射することで、毛や毛の周辺組織を破壊することで、脱毛を行います。一度破壊してしまった毛根からは、2度と毛が生えることがないため、永久的な脱毛をすることができます。
レーザー脱毛器を用いた脱毛では、基本的には、成長期の毛を破壊することに効果があります。そのため、毛のライフサイクルを考慮しながら施術を進める必要があります。わき毛やすね毛などの体毛の場合は、2~3ヶ月に1度のペースで施術をすることが良いとされています。男性のひげなどの場合は、生えかわるペースが速いため、1ヶ月に1度のペースで施術をすることが良いとされています。1度の施術で、体毛の15~20%を脱毛することができるとされていて、継続して施術し続けることが重要です。3回ほど施術をすることで脱毛の効果を実感することができ、5~12回の施術をすることで、永久的な脱毛をすることができます。
最近では、レーザー脱毛器の技術が進歩していて、毛周期に関係なく脱毛をすることができるタイプのものも開発されています。年々、良いものに改良されているため、効率的な脱毛ができるようになっています。

コメントは受け付けていません。